【ワールドトリガー:196話】最新話のネタバレ!ヒュースのプレーがポイントだった

最新話のネタバレ

2020年5月2日にジャンプSQ.に掲載された「ワールドトリガー」(葦原大介)の最新話【196話】のネタバレまとめ記事になります。

ベイルアウトに反応した二宮の隙をついて、オサムが追尾弾を放ちます。

その後、犬飼がチカを落としました。

二宮が敗北を受け入れ、玉狛第二が勝利しました。

【ワールドトリガー】全話ネタバレへ

▼ワールドトリガーのコミックスを読むならU-NEXTがお得!▼U-NEXTで今すぐ【ワールドトリガー】を無料で読む!※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

【ワールドトリガー:196話】最新話のネタバレ

戦闘の流れを変えたオサムの攻撃

犬飼は緊急脱出、そして辻をチカがアイビスで落としていた。

二宮に集中していたオサムは、そのことを知り驚く。

チカは出迎えてくれたヒュースに「いい腕だ」と褒めてもらえた。

遊真とオサムとも拳を合わせるヒュース。

「”別案”がうまくはまったな」とヒュースに言われるが、オサムはまだ実感がない。

ラスト数秒、怒涛の展開で、玉狛第二が勝利をもぎ取った。

オサムの追尾弾を予想できた人はいないのではないか…

終わってみるとその手があったと思うが、予想はできなかった。

開始直後、玉狛と二宮隊が2対2になったところから、試合を振り返っていく。

玉狛からはこの時点では、まだ相手が誰なのか判明していないはず。

だから空閑が2人を釣って、雨取との連携で早めに点を取ることもできたと考えられる。

相手が二宮だから早めに一撃離脱に切り替えたのだ。

このせいでクーガーとアマトリチャーナの居場所が他の部隊に伝わった。

転送位置なども含め、序盤はかなり玉狛がマイナスだと考えられる。

そこから細かいところで盛り返していくのはすごいのだ。

ポイントとなったヒュースの動き

ヒュースは生駒旋空を簡単にかわしているが、タイミングが完璧だった。

生駒は「不意をついたと思ったのになんでかわされた?」と言う。

レーダーで生駒隊3人の動きに気づき、旋空を警戒していたと水上が推測する。

「宇佐美がオペしているんだから、そのくらいできても驚かない」と言う小南。

その後、ヒュースを狙って集まった各隊の包囲網に、玉狛第二は遠距離からの爆撃を仕掛けようとする。

しかし外岡の狙撃によって阻止される。

味方の爆撃失敗にヒュースは包囲からの脱出を試みた。

「ここがポイントだね」と言う王子。

ヒュースの”隠し玉”が二宮に対する切り札だったと言う印象を強く植え付けた。

そしてオサムが隠し持ったもう一つの切り札から意識を逸らした。

基本的には脱出を狙っていたが、失敗した場合の保険として事前の策を並行していたのだろう。

ヒュースはここで落とされたが、大きな布石を打っていたのだ。

曲がるブレード投げのトリック

ヒュースが落ちた後、狙撃手2人と南沢が相次いで脱落した。

東では空閑対帯島、西では弓場対二宮隊。

ここで空閑の”曲がるブレード投げ”が出たのだ。

映像を見返すと、カーブの時に光る細い線が見えている。

投げるブレードの裏面に突起が作ってあり、そこへもう一本のブレードを細く伸ばす。

そしてレールのように引っ掛ける事で、ブレードをカーブさせていた。

玉狛第二は帯島を落とした後、弓場と二宮隊の戦いに介入。

この時点でオサムは追尾弾を撃っている。

さりげなく持ち弾を通票弾だとアピールしているのだ。

陽太郎が「雨取のメテオラと一緒に遊真が行けば、二宮も倒せたのでは?」と言う。

それは三雲がチカのことを考えていたのではないか…

もし誤爆したら、チカは引きずるだろう。

アイビスを当てるまで

二宮と弓場の一騎打ちは、二宮に軍配が上がった。

玉狛第二対二宮隊となった最終局面、ここで玉狛は総攻撃を仕掛けた。

その連続攻撃は二宮隊の堅い守りに阻まれた。

二宮隊はここで隊を分けて、雨取の元へ犬飼と辻を差し向ける。

3人一緒にアマトリチャーナに向かうと、玉狛も予想していたのかもしれない。

逃げるアマトリチャーナと空閑・オサムで、二宮隊を挟む。

その中で”隠し玉”の追尾弾をどう当てるかと考えていたのだろう。

でも予想と違う展開にオサムも一瞬戸惑った。

結果、二宮隊の動きはフェイクで、辻が三雲の背後に迫るが雨取の狙撃がくる。

辻は狙撃に備えていたが、その裏をかいた雨取のアイビスに撃ち落とされた。

防がれた狙撃は、次のアイビスを当てるためのフェイクだったのか。

初めからアイビスを撃っていれば、二宮たちに大ダメージになったはずでフェイクは意味がない。

アマトリチャーナはまだ人を狙って撃てず、最後の一発が特別だったのだろう。

ヒュースが指示を出す前にチカが動いたのだ。

「結果的に俺の考えと重なったが」と言うヒュース。

最終戦の行方

雨取が辻を落とせなければ、三雲がやられて隠し玉も不発だっただろう。

二宮を出し抜いた三雲の劇的な一撃もかなり紙一重だった。

全ての状況で完璧にやれる人間はいない。

この試合の結果が反映された総合順位が更新される。

玉狛第二は単独2位の目標を達成。

そして遠征選抜試験への切符を手にした。

そして弓場隊が上位に残れるかは、いま行われているB級中位最終戦の結果次第になったのだ。

ワールドトリガーなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ワールドトリガー【196話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、ワールドトリガーのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>【ワールドトリガー】をU-NEXTで今すぐ読む※初回登録時に600円分のポイントがすぐにもらえます!

U-NEXTの登録方法と解約方法 非公開: U-NEXTの登録方法と解約方法!無料トライアルで漫画を読む方法

合わせて他にも下記のVODサービスを活用すれば、コミックス3〜4冊を無料で読むことができます。

サービス名 無料ポイント 読める冊数
U-NEXT 600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める
FOD 最大900pt (※)
(900円分)
1〜2冊分が無料で読める
music.jp 600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める

※FODは登録時100ポイント&8日、18日、28日に400ポイントずつ貰える

感想

最終戦の振り返りの回でした。

振り返ってみると、どのシーンが重要だったのかわかります。

その一つでも失敗していたら、試合結果は大きく変わっていたと思います。

玉狛第二は遠征選抜試験の切符を手に入れました。

弓場隊の結果は、B級中位最終戦の結果次第で決まります。

香取隊、諏訪隊、那須隊の戦闘がどんな結果になるのか、次回が楽しみです。

まとめ

以上、ワールドトリガー【196話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のワールドトリガー【197話】ネタバレあらすじの掲載は6月4日の予定になります。