【灼熱カバディ:152話(後編) 】最新話のネタバレ!水澄と六弦の直接対決

最新話のネタバレ

2020年4月14日に裏サンデーで配信された「灼熱のガバディ」(武蔵野創)の最新話【第152話(後編)】のネタバレまとめ記事になります。

緒方のプレーで1点差になり、奏和は勢いを取り戻します。

水澄の攻撃はなかなか決まりません。

緒方は水澄をしっかり回り込んで、倒すことにしました。

▼1ヶ月間無料&1300ポイントもらえる!▼FODを使って【灼熱のガバディ】を無料で読む!※登録時100ポイント&8日、18日、28日に400ポイントずつ貰える

【灼熱カバディ:152話(後編)】最新話のネタバレ

水澄は負けない

技術がないなら、今持っているもので戦うしかない。

触る方法なんて考えてこなかった。

水澄がずっとやってきたのは”倒す”ことだけ。

囲まれることもあった。

点は勝手に来てくれる…

水澄を捕まえるために、緒方たちは回り込む。

緒方たちにタッチし、自陣へ戻ろうとする水澄。

ダウンをさせなくていいのは、水澄にとって楽なものだ。

六弦の強さ

しかし六弦に追いつかれてしまう。

水澄は奏和に負けて、守備に打ち込んできた。

だから動く人間を止めるのは、至難の技だと知っている。

単純なパワー差では勝負は決まらない。

2人の勝負になった。

六弦のタックルが決まり、水澄はコートの外に吹き飛ばされる。

サイズはそこまで変わらないのに、なぜここまで違うのか…?

”出力”の違いだった。

同じ体格でも、出せるパワーは人によって異なる。

初めて行うなれない運動に比べて、慣れた運動は少ない力でも大きなものを動かせる。

細身でもコツをつかむ能力が優れている人は、優秀な守備ができる。

そして体格があればなおさら…

六弦は常人よりはるかに、人間を倒し慣れているのだ。

ついに奏和が逆転

水澄の攻撃は失敗し、全滅で34-36で奏和が逆転。

試合で初めてのリードを与えてしまった。

佐倉や王城、宵越が異常な攻撃手だった。

やっぱり最強で、星海とまともにやりあえる守備は六弦だけだと改めて感じる。

しかしキャプテンとしては、褒められたものではない。

チームが逆転しても、そこまで喜ばない六弦。

嬉しくないわけではないだろう。

でもあそこまで冷静では、敵どころか味方も萎縮してしまう。

六弦は「誰でもいいぞ、あと何人でたどり着くか」と言う。

六弦は次のプレーを考えていたのだった。

灼熱カバディなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、灼熱カバディ【152話(後編) 】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、FODプレミアムの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、灼熱カバディのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<FOD公式サイト>FOD公式サイト【灼熱カバディ】をFODに無料登録して読む※無料期間中に解約すれば一切料金はかかりません。

合わせて他にも下記のVODサービスを活用すれば、コミックス2〜3冊を無料で読むことができます。

サービス名 無料ポイント 読める冊数
U-NEXT 600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める
FOD 最大900pt (※)
(900円分)
1〜2冊分が無料で読める
music.jp 600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める

※FODは登録時100ポイント&8日、18日、28日に400ポイントずつ貰える

まとめ

ついに奏和にリードを許してしまいました。

改めて六弦の強さを感じる回でした。

強すぎるあまり、チームにどう影響を与えるのか気になります。

能京は守備になりますが、ここでどこまで守れるか大事なプレーになります。

次の攻撃手は何としても倒して、点差を詰めたいはずです。

能京はどんな守備を見せるのか?

次回は楽しみです。

感想

以上、灼熱カバディ【152話(後編)】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の灼熱カバディ【153話】ネタバレあらすじの掲載は4月28日の予定になります。