【灼熱カバディ:152話(前編) 】最新話のネタバレ!水澄の攻撃がうまく決まらない

最新話のネタバレ

2020年4月7日に裏サンデーで配信された「灼熱のガバディ」(武蔵野創)の最新話【第152話(前編)】のネタバレまとめ記事になります。

ガバディと向き合い、どうすれば強くなれるか緒方は考えます。

そして自分が試合に出るという答えにたどり着きました。

経験を積み成長した緒方は、能京から点を奪ったのでした。

▼1ヶ月間無料&1300ポイントもらえる!▼FODを使って【灼熱のガバディ】を無料で読む!※登録時100ポイント&8日、18日、28日に400ポイントずつ貰える

【灼熱カバディ:152話(前編)】最新話のネタバレ

笑いが止まらない緒方

緒方が2点をゲットし、34-33で能京まで1点差。

そして能京のコートに残っているのは水澄ただ一人。

コートに向かう王城を「待ちなさい」と久納が止める。

それを見ていた緒方は笑いが止まらない。

コート内の人としか変われないルールで、この状況での王城の交代はリスクが高すぎる。

奏和が高谷を温存していることは気づいているだろう。

終盤に高谷と因縁の六弦との対決は避けられない。

少しでもエースの王城を休ませたい。

「全滅、逆転の危険があってもだ」と嬉しそうな緒方。

高谷が倒されたのは予想外だったが全て元通りに戻ったのだ。

水澄は気に入らなかった。

「俺の攻撃が失敗するのが前提か?なめてんのか」と言う水澄。

水澄の攻撃がスタート

水澄の攻撃が始まった。

奏和の守備は7人。

水澄は攻撃できるのか?

奏和相手にそう甘くはないだろう。

緒方に手を伸ばすが避けられる。

緒方は調べていた。

練習試合で水澄のプレーを見ていた。

どのくらい攻撃に出る気があるのか、緒方は量ってみたのだ。

水澄は立派な守備だとわかった。

水澄の攻撃がうまくいかない理由

常に攻撃をやる者と、時々やる者では圧倒的な違いがあるのだ。

水澄は何度も腕を伸ばすが誰にも当たらない。

当たらない理由は”キャントの強弱”だった。

力みは呼吸に連結し、キャントにもつながっている。

その多くは本人に自覚がない。

なぜなら本人は気をつけているつもりだからだ。

奏和は攻撃手強化練習の一つとして、自分の攻撃を録画して見ることを義務付けた。

その際全員が「こんなわかりやすい攻撃は止められる」と気づいたのだ。

自然にキャントができて、初めて攻撃手になる。

攻守ともに奏和は、そのことを理解していた。

水澄がどうくるか、緒方は構えていた。

すると水澄は両手をポケットに入れ、キャントをしていく。

そのプレーに全員がざわつく。

緒方はキャントの質は変わらず、水澄がやけくそになっていると思った。

でもパワーがある水澄を、しっかり回り込んで倒すことにした。

灼熱カバディなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、灼熱カバディ【152話(前編) 】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、FODプレミアムの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、灼熱カバディのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<FOD公式サイト>FOD公式サイト【灼熱カバディ】をFODに無料登録して読む※無料期間中に解約すれば一切料金はかかりません。

合わせて他にも下記のVODサービスを活用すれば、コミックス2〜3冊を無料で読むことができます。

サービス名 無料ポイント 読める冊数
U-NEXT 600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める
FOD 最大900pt (※)
(900円分)
1〜2冊分が無料で読める
music.jp 600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める

※FODは登録時100ポイント&8日、18日、28日に400ポイントずつ貰える

まとめ

水澄にとっては、かなり追い込まれた状況です。

奏和との点差を考えると、このプレーで点数を重ねたいところ。

しかしコートには守備が7人もいるので、捕まったら倒されてしまうはずです。

なかなかうまく攻撃できず、水澄は焦り始めているのかもしれません。

そんな中でポケットに手を入れたのは、ちゃんと意味があると思います。

どんなプレーをしようとしているのか?

次回は注目したいです。

感想

以上、灼熱カバディ【152話(前編)】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回の灼熱カバディ【152話(後編)】ネタバレあらすじの掲載は4月14日の予定になります。