【ダイヤのA act2:214話】最新話のネタバレ!5番としての責任を前園は果たせるか

最新話のネタバレ

2020年6月3日に週刊少年マガジン27号に掲載された「ダイヤのA act2」(寺嶋裕二)の最新話【214話】のネタバレまとめ記事になります。

青道高校の勢いは止まらず、塁に打者が出ていきます。

小泉監督は1点も失いたくない思いで、選手たちにサインを送りました。

柳楽は御幸に打たれるイメージが頭をよぎり、動揺してしまいます。

【ダイヤのA act2】全話ネタバレへ

▼ダイヤのA act2の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

【ダイヤのA act2:214話】最新話のネタバレ

小泉監督からのサイン

小泉監督はベンチから柳楽と後藤の名前を叫ぶ。

肩に力が入っていると、2人にサインで伝える小泉監督。

御幸は絶対に正面から勝負しなければならない打者ではない。

コーナーも心も広く大胆に、外れてもいいと柳楽にメッセージを送った。

小泉監督のサインで、柳楽たち選手は落ち着きを取り戻せた。

柳楽は御幸とは勝負せず、フォアボールで一塁へ送った。

満塁で青道高校のチャンスは続く。

青道で一番怖い打者は御幸で、柳楽たちは冷静だと観客は話す。

前園への期待

次の打者には5番・ファースト前園が向かう。

創聖内野陣は、さらに前進する。

相手が強いのは、初めから分かっている。

だから背伸びをする必要はない。

自分たちのやってきたことを出すだけだと、小泉監督は思っていた。

創聖の選手たちは俺たちがいるから全力でいけと、心の中で柳楽にエールを送った。

観客席の大きな声援がマウンドに響く。

1点を勝ち越し、ノーアウト満塁の青道高校。

追加点が期待される。

プレッシャーはあるだろうが、期待されているからこそ御幸の次を任された前園。

増子は結果を恐れずに、自分のスイングを貫けとエールを送る。

ここまでは期待に応えるチーム最多打点の青道。

しかし、本当の数字はここからだ。

好投手を前にどこまで通用するかだと、冷静に落合コーチは観察していた。

冷静な前園

初球はツーシームを投げた柳楽。

前園は打ち返すが、そのボールはファールの判定になった。

続く第2球はアウトコースのストレートでストライクを奪う。

前園を追い込んだ。

創聖のベンチは「押してる」「攻めましょう」と柳楽に声援を送る。

前園はかなり引きつけて、バッドを構えている。

ツーシーム狙いで対応しているのだろうか…?

柳楽は低めのツーシームを投げた。

前園は見送りボールになる。

塁に出ている御幸たちは、「今のを見送れたら大丈夫」と前園にエールを送る。

観客席からも前園への歓声が響く。

鋭く早くと心の中でつぶやき、前園はバットを握りなおす。

次で決める

柳楽は次で決めると心の中でつぶやく。

前園がツーシームを待っているなら、同じコース同じ高さでまっすぐに投げる。

「4番の後ろには怖い打者がいないといけない」という言葉を思い出した前園。

前園のバットはボールを捉えた。

その打球は抜け長打になる。

前園は雄叫びを上げ走り出す。

ランナーたちも走り出したのだった。

ダイヤのA act2など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、ダイヤのA act2【214話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、「ダイヤのA act2」連載中の週刊少年マガジンが無料で読めちゃいます!

▼ダイヤのA act2の最新話を読むなら連載誌で先読みがお得!▼U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む※31日間無料&600円分のポイントがすぐにもらえる!

U-NEXTの登録方法と解約方法 非公開: U-NEXTの登録方法と解約方法!無料トライアルで漫画を読む方法

合わせて他にも下記のVODサービスを活用すれば、「ダイヤのA act2」のコミックス3〜4冊を無料で読むことができます。

サービス名 無料ポイント 読める冊数
U-NEXT 600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める
FOD 最大900pt (※)
(900円分)
1〜2冊分が無料で読める
music.jp 600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める

※FODは登録時100ポイント&8日、18日、28日に400ポイントずつ貰える

感想

小泉監督のサインで、柳楽は落ち着きを取り戻すことができました。

御幸をフォアボールで送って、ノーアウト満塁になってしまいました。

次の前園を打ち取る自信があったのかもしれません。

4番の御幸がファインプレーを見せ、ノーアウトで打席を迎えた前園。

大きなプレッシャーを感じていたと思います。

そんな状況の中でも、前園はしっかりと期待に応えました。

5番としての役割を果たした前園が叫んでいるラストシーンは、とても素敵でした。

前園の打球は長打になり、いくつ追加点を奪えるか楽しみです。

この回でどこまで点差をつけられるか?

試合の中で重要なポイントになりそうだなと思いました。

まだノーアウトなので大量得点を期待したいです。

まとめ

以上、ダイヤのA act2【214話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のダイヤのA act2【215話】ネタバレあらすじの掲載は6月10日の予定になります。

「ダイヤのA act2」の最新話までのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。

最新話ネタバレまとめ 【ダイヤのA act2】最新話ネタバレまとめ!