【アビスレイジ:73話】最新話のネタバレ!所長が天上潔だったころ人生と出会い

最新話のネタバレ

2020年4月2日に少年ジャンプ+で配信された「アビスレイジ」(成田成哲)の最新話【73話】のネタバレまとめ記事になります。

所長は自分の過去を語り始める。

「私の家はちょっと金持ちだったのよ」

所長こと天上潔は当時5歳にして、『ラ・カンパネラ」をピアノを弾きこなし、周りの大人達から『神童』と呼ばれていた。

▼2週間無料&最大900ポイントもらえる!▼「アビスレイジ」をFODで無料で読む!※登録時100ポイント&8日、18日、28日に400ポイントずつ貰える

【アビスレイジ:73話】最新話のネタバレ

天上潔の幼少時代

所長こと天上潔は、テニスでも、フェンシングでも、バイオリンでも、すべてのことに素晴らしい呑み込みの速さと才能を発揮していた。

それ故に周りからは【神童】と呼ばれていた。

その日はバイオリンのレッスンをしていた。

そこに天上潔の父親が現れた。

「首尾はどうだ?」と先生に尋ねる。

「ご子息は素晴らしい才能をもっている」と先生は答える。

そのやり取りを見ていて、天上潔は「ただ一言褒めて欲しい」と思っていた。

しかし、父親は「ノルマをこなしたら、次の課題を予習しろ」と冷淡に言い放つだけだった。

「天上財閥を継ぐにふさわしい優秀な人間になれ」

「無駄な時間を過ごすな」

それだけ言うと、父親は部屋を出ていった。

「はい、父上」

そう答える天上潔だったが、その瞬間、天上潔にとってこれまでの稽古は「無駄な時間」となった。

成長した天上潔

そうしてときは流れる。

天上潔は、

『約束された幸福』

『栄華の覇道』

を突き進んでいたが、同時に、

『心を虚無が満たしていった』

東応大学に進学すると、柔道部で天上潔は全国制覇した部長から一本を取っていた。

部長は「さすがは神童と謳われるだけがある」と感心する。

部長が「天上」と苗字で呼ぶと、

「苗字で呼ぶなと言ったはずだ」

と天上潔は言い返す。

天上潔は自分の苗字が嫌いなのだ。

それからさらにときは流れ、天上潔は24歳になり、父親から『三代目修一』の名を襲名していた。

大勢の人から祝福されるなか、天上潔は、

『どんな名声よりも私が欲しいものは…』

と思っていた。

天上潔と四之宮杏梨の出会い

ある日、天上潔はひとりの綺麗な女性と会っていた。

それは四之宮杏梨。

取り決めらた婚約者だった。

四之宮杏梨は、聡明で優しく、天上潔に笑顔を注いでくれた。

天上潔は、

『この女性なら私に愛を教えてくれるだろうか?』

と思っていた。

『この女性と幸せな家庭を築く』

『そんな未来も良いかもしれない』

天上潔はそんなことを考えていた。

アビスレイジなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、アビスレイジ【73話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、FODプレミアムの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、アビスレイジのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<FOD公式サイト>FOD公式サイト【アビスレイジ】をFODに無料登録して読む※無料期間中に解約すれば一切料金はかかりません。

合わせて他にも下記のVODサービスを活用すれば、コミックス2〜3冊を無料で読むことができます。

サービス名 無料ポイント 読める冊数
U-NEXT 600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める
FOD 最大900pt (※)
(900円分)
1〜2冊分が無料で読める
music.jp 600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める

※FODは登録時100ポイント&8日、18日、28日に400ポイントずつ貰える

まとめ

以上、アビスレイジ【73話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のアビスレイジ【74話】ネタバレあらすじの掲載は4月16日の予定になります。

「アビスレイジ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。

最新話ネタバレまとめ 【アビスレイジ】最新話ネタバレまとめ!