【アビスレイジ:71話】最新話のネタバレ!拳聖遠藤と真神所長の決着の行方は?

最新話のネタバレ

2020年2月20日に少年ジャンプ+で配信された「アビスレイジ」(成田成哲)の最新話【71話】のネタバレまとめ記事になります。

遠藤の渾身の連撃を受けた真神所長だったが、再び立ち上がるのだった。

「この渾身の連撃も私の命には届かなかった…」

この連撃は満身創痍の遠藤が放つことができる最後の拳だった。

真神所長の前で跪く遠藤の目からは闘志の炎が消えようとしていた…

【アビスレイジ】全話ネタバレへ

▼U-NEXTなら31日間無料&600円分のポイントがもらえる!▼U-NEXTを使って今すぐ【アビスレイジ】を無料で読む!

【アビスレイジ:71話】最新話のネタバレ

床に倒れる拳聖・遠藤の上でマウントポジションを取る真神所長。

そして、止めの一撃を遠藤の顔面に向けて振り下ろす。

が!しかし…遠藤もまた拳を真神所長の頬に打ち込むのだった。

でも遠藤の拳は何の体重も乗っていない軽くて弱いもの。

それが真神所長に効くわけもなく、さらに一撃を加えようとする所長。

薄れゆく意識の中で遠藤は最後の力を振り絞り、再びその拳を握りしめる。

「無駄よ」

所長はそう言うと、無慈悲な一撃を遠藤の顔面に深く突き立てた。

だがその時!遠藤もまた人差し指を真神所長の左目の突き入れていた。

その攻撃は拳聖・遠藤が人生を賭した「最初で最後のフェイク」であった。

そのため、さすがの所長もそれを見切ることができなかった。

予想外の手傷を負った真神所長だったが、その表情はどこか満足気であった。

遠藤と所長の闘いを見届けた美琴は

「拳聖の力をもってしても所長を倒せなかった…」

と落ち込む。

所長は美琴に職員を呼んで遠藤を沼に落とすように命じようとした時…

突如、真神所長の口から赤い鮮血が吹き出すのだった。

アビスレイジなど好きな漫画を今すぐ無料で読む方法!

以上、アビスレイジ【71話】のネタバレまとめでした。

ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、アビスレイジのコミックス最新刊などが無料で読めちゃいます!

<U-NEXT公式サイト>【アビスレイジ】をU-NEXTに無料登録して今すぐ読む※無料トライアル期間中に解約すれば一切料金はかかりません。

U-NEXTの登録方法と解約方法 U-NEXTの登録方法と解約方法!無料トライアルで漫画を読む方法

合わせて他にも下記のVODサービスを活用すれば、コミックス2〜3冊を無料で読むことができます。

サービス名 無料ポイント 読める冊数
U-NEXT 600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める
FOD 1300pt (※)
(1300円分)
2〜3冊分が無料で読める
music.jp 600pt
(600円分)
今すぐ1冊分が無料で読める

※FODは登録時100ポイント&8日、18日、28日に400ポイントずつ計1300ポイント

まとめ

以上、アビスレイジ【71話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。

次回のアビスレイジ【72話】ネタバレあらすじの掲載は3月5日の予定になります。

「アビスレイジ」の最新話までのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。

最新話ネタバレまとめ 【アビスレイジ】最新話ネタバレまとめ!